コラーゲンが不足すると

動物の体にとって、とても大切な働きをするコラーゲンですが
作り出す能力は、加齢とともに、どんどん衰えていきます。

 

コラーゲンの生成能力

60代になると、20代のころの30%以下にまで低下してしまいます。
では、身体の中でコラーゲンが不足すると、どうなるのでしょうか?
考えてみます。

 

お肌の真皮の約70%も占めるコラーゲン

コラーゲンが網の目のように張りめぐらした隙間を
ヒアルロン酸などの天然保湿因子が満たすことで
お肌の張りやみずみずしさを保ってくれています。

 

そのコラーゲンが減少したり変性してしまうと
「バネを失ったマットレス」のようにお肌も張りを失います。

 

そうするとどうなるかというと
隙間を満たしていた「天然保湿因子」も存在出来なくなりますから
ひいいては、シワやたるみの原因となるわけです。

 

コラーゲンは骨の中にもたくさん存在しています

骨も身体の他の部分と同じように
毎日少しづつ新陳代謝によって古い成分が分解されて
新しく生まれ変わっています。
その「骨の新陳代謝」に欠かせない働きをするのが、コラーゲンです。

 

骨の中で、枠組みとして働くコラーゲンが弱くなると

骨の代謝にも影響を与えます。

 

加齢によって減り続けるコラーゲンは外から補給していかない限り
枠組みであるコラーゲンの線維がどんどん老化。不自然な架橋を作っていきます。

 

それが進行すると、コラーゲン組織は弾力性がなくなり
隙間ができることで、カルシウムなどが定着しにくくなることに。

 

女性は閉経後に

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の分泌量が激減。
骨の分解・吸収が進むので、骨はますますスカスカになってしまいます。

 

これが「骨粗しょう症」と呼ばれる状態です。
ちょっとした衝撃でも、簡単に骨折してしまいます。

 

軟骨は約50%がコラーゲン

加齢によってコラーゲンが衰えてくると、軟骨の弾力性が喪失。
潰れてしまいます。

 

潰れた軟骨のコラーゲンは、ブヨブヨとした水のような状態になります。
関節に水が溜まるといわれるのは、こういう状態を指します。

 

弾力性のある軟骨がなくなってしまうと骨と骨が直接ぶつかるようになり
擦れあうことで骨が変形。
これが変形性関節症といわれるものです。
骨が異常に大きくなったり、とげが生えたような形になったりします。

 

 

今人気のコラーゲンドリンクは?



コラーゲンドリンク人気ランキング