コラーゲンドリンクの賞味期限について

お肉やお魚、パン、ハムやソーセージ、お菓子類などは賞味期限をチェックしますが、コラーゲンドリンクに関してはあまり気にしていない方も多いのではないでしょうか。
ドリンク類は賞味期限が長く、ジュース類でもお酒でもほとんどが2年ほどあります。
ですが、コラーゲンドリンクは普通のドリンクよりも短いということを覚えておきましょう。

 

賞味期限というのは

その商品の品質が維持できていて、味などが変わらない状態で食べられる(飲める)期限です。

 

消費期限は長く保存できない商品に記載されるもの。
正しく保存していた場合、安全に食べられる(飲める)期限となっています。

 

コラーゲンドリンクは保存がきく商品なので、賞味期限が記載されているのですが、製造日より1年以内というのが一般的です。
このように賞味期限が短いのは、コラーゲンドリンクの容器が関係しています。

 

コラーゲンドリンクは、遮光瓶に入れられてアルミのキャップで密閉されています。
これは紫外線で品質が変わらないようにするためです。
ただ、完全密封ではありません。
気圧や温度によって液体に対流が起こります。
対流が起こると、どうしても劣化が始まり、味も変わりやすくなります。

 

また、コラーゲンドリンクは美容飲料なので、防腐剤を配合していないものも多いです。
防腐剤が入っていない液体はカビが発生しやすいため、賞味期限が短くなっているのですね。

 

もちろん賞味期限が切れていても飲むことはできますが、商品の性質を考えると製造してから日が経っていないものが理想的。
店舗にずっと置いてあるものではなく、流通の早い通販サイトで購入するのがおすすめです。

今人気のコラーゲンドリンクは?



コラーゲンドリンク人気ランキング